AppleWatchにFaceTimeとWi-Fiチップを搭載!?次世代の姿が明らかに!!

どうも、司書補です。

 

Appleの「Apple Watch」が発売されて2015年4月24日に発売されて2ヶ月の時間が流れました。

 

あまり好評ではないというより必要性があまりないという方が正しいのかもしれません。

 

時計というステージで勝つにはただならぬ厳しい戦いが強いられるような気がします。

 

 

 

しかし、Appleも黙って引き下がるわけにはいかないので品質改良に励んでいることと思います。

 

今回Apple製品を予想することで有名なアメリカの「9TO5Mac」が次のApple Watchを予想したようなのでまとめてみたいと思います。

 

 FaceTimeの搭載

 

Unknown425

 

まずは、FaceTimeの搭載です。

 

FaceTimeとはビデオチャットサービスです。つまりテレビ電話ができるということです。

 

今までのApple Watchは通話が出来るまででしたがついにはテレビ電話ができるようになるようです。

 

まるで近未来の映画のような話ですね。

 

ここまでくると人によってはもうiPhone自体がいらなくなるということになりそうですね。

 

Wi-Fiチップの搭載

 

 

 

次にWi-Fiチップの搭載についてです。

 

このWi-Fiチップが搭載されることによってなにが出来るかというと、このシステムが搭載されたApple Watchでメールなどができるようになるということです。

 

今まではイメージとしてはiPodに近い感じでした。アイコンをタップするとその機能が作動するといった感じでコミュニケーションツールとしての機能はなかったんです。

 

ところが次世代ではW-Fiチップが搭載されますので相手にメッセージを送ったりとコミュニケーションツールとしての役割も果たしますのでもはや時計型iPhoneという日が来るのかもしれませんね。

 

そしてもう1つできることといえば、他の端末からApple Watchを探すことができるということです。

 

これで失くしてしまっても安心ですね。

 

発売日は?

 

Apple-Watch-876

 

気になる発売日ですが来年になるだろうということです。

 

勘違いしないで欲しいのが今年の秋に発売予定の「watch OS 2」の話ではありません。その次のApple Watchの話ですのでお気をつけください。

 

「watch OS 2」では音声のみの通話が可能になるそうです。

 

来年が楽しみですね。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ