2015世界卓球選手権蘇州大会の男子出場選手の選考理由を解析!

2015世界卓球選手権蘇州大会が始まります!!どうも司書補です。

 

スポーツのイベントはどのジャンルであっても盛り上がりを見せてくれますね!

 

この記事ではその世界卓球の出場選手(男子)の選考理由について私なりに解析してみたので、より一層世界卓球を楽しんでいただくために参考にしていただけたらと思います。

 

それでは見ていきましょう!

 

そもそも選考基準はどうなっているの?

 

 

 

どの試合でもそうですが誰が出場するのか選ばなければいけません。ランダムに選んだり又、選んでいる人の気分で選んだり出来ないように選考基準つまり選ぶための決め事みたいなものがあります。

 

それをまず見ていきましょう。

 

(男子シングルス)

  1. 2015年1月発表の世界ランキング20位以内の最上位選手(1名)
  2. 2015年1月発表の世界ランキング100位以内の最上位選手(1名)
  3. 国内選考会優勝者(1名)
  4. 平成26年度全日本卓球選手権大会男子シングルス優勝者(1名)
  5. 2014年1月1日〜12月31日までの国際大会において世界ランキング30位以内の選手4名以上に勝利した選手の中から強化本部で評価した選手(1名)
  6. 強化本部推薦(若干名)

 

男子シングルスについては上記のように決まっています。

 

ちなみに2015年1月の世界ランキンングはこちらからどうぞ!

 

(男子ダブルス)

  • ダブルス及び混合ダブルスには、シングルスの代表選手の他、3名を上限として加えることがある

 

ダブルスについては上記のように加えています。わかりにくいかもしれませんが、つまりは基本的にはシングルスで選ばれて選手からダブルスの選手は選ぶけどいい選手がいなければ他から選ぶよということです。

 

以上が主な選手を選考するための決まりになっています。

 

では、実際に選ばれた選手たちを見てみましょう!

 

卓球日本男子を代表する精鋭達!

選考基準に照らし合わせながら見ていきますね。ただし、ここからはこのサイトの管理人の個人の見解なのでご注意ください!!

 

(男子シングルス)

 

水谷隼 (みずたに じゅん)

 

21fdad13

 

所属 beacon.LAB

生年月日  1989年6月9日 25歳

身長  172 cm

 

世界ランキング5位 (代表選考時)

世界ランキング5位(最新)

 

対象となった選考基準

  • 2015年1月発表の世界ランキンング20位以内の最上位の選手
  • 平成26年度全日本卓球選手権男子シングルス優勝者

 

世界ランキング5位のため選出された。

 

【丹羽考希 (にわ こうき)】

 

tab14050305020001-p23

 

所属  明治大学

生年月日  1994年10月10日 20歳

身長  162 cm

 

世界ランキング12位 (代表選考時)

世界ランキング12位(最新)

 

対象となった選考基準

  • 2015年1月発表の世界ランキング100位以内の最上位選手

 

世界ランキング12位のため選出された。

 

【吉田雅己 (よしだ まさき)】

 

1431-11

 

所属  愛知工業大学

生年月日  1994年9月30日 20歳

身長  169 cm

 

 

世界ランキング82位(代表選考時)

世界ランキング53位(最新)

 

対象となった選考基準

  • 国内選考会優勝者

 

蘇州大会男子日本代表選考会で優勝して選考された。

 

【村松雄斗 (まつむら ゆうと)】

 

34-22

 

所属  帝京高校

生年月日  1996年10月13日 18歳

身長  180 cm

 

世界ランキング23位(代表選考時)

世界ランキング23位(最新)

 

対象となった選考基準

  • 2014年の国際大会において世界ランキング30位以内の選手4名以上に勝利した選手の中から強化本部で評価した選手

 

昨年の世界ジュニア選手権で中国の選手を連破して2位になったことが評価されたのではないかと思われる。

 

【松平健太 (まつだいら けんた)】

 

tab1404291902

 

所属  JTB

生年月日  1991年4月11日 23歳

身長  169 cm

 

世界ランキング22位(代表選考時)

世界ランキング25位(最新)

 

対象となった選考基準

  • 強化本部推薦

 

世界卓球2013パリでベスト8に進出したことが評価されている可能性大。

 

 

 

(男子ダブルス)

 

【丹羽考希/松平健太】

 

※プロフィールについてはシングルスのところと同様のため割愛します

 

考えられる選考理由

  • 昨年のアジア競技大会で銅メダルを獲得したことが評価されたのではないかと考えられる。

 

【大島裕哉(おおしま ゆうや)/森薗 政崇(もりぞの まさたか)】

 

考えられる選考理由

  • ペアを組んで日が浅いものの世界の舞台で勝つことに焦点を置いて選出と監督が明言

 

 

大島裕哉 (おおしま ゆうや)

 

1686-32

 

所属  早稲田大学

生年月日  1994年3月5日 20歳

 

世界ランキング71位(代表選考時)

世界ランキング57位(最新)

 

森薗政崇 (もりぞの まさたか)

 

20131005093

 

所属  明治大学

生年月日  1995年4月5日 19歳

身長  160 cm

 

世界ランキング34位(代表選考時)

世界ランキング28位(最新)

 

(混合ダブルス)

 

【吉村真晴 (よりむら まはる)】

 

dfkapd

 

所属  愛知工業大学

生年月日  1993年8月3日 21歳

身長  177.5 cm

 

世界ランキング56位(代表選考時)

世界ランキング43位(最新)

 

考えられる選考理由

  • 石川佳純(いしかわ かすみ)とペアで全日本選手権大会で優勝を果たしたことが評価された可能性が高い

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

長くなりましたが参考になっていただければ幸いです。

 

それでは日本代表を応援しましょう!!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ